物流の問題について国民と企業が一丸となり、意見交換をするアイデアソン

物流の問題について国民と企業が一丸となり、意見交換をするアイデアソン

アイデアソンとは

アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、課題テーマ解決に向けて、参加者が一丸となって意見交換を行い、解決に向けた糸口を探す場です。

今回実施するアイデアソンは、企業が抱えている物流課題をテーマとします。
日々の皆さんの物流(商品のお届け、受取など)の困りごとを、持続的に解決するテーマでもあります。

※参加者は、企業にお勤めの方、物流(商品のお届け、受取など)に関心のある国民の方を予定

物流についての専門的知識は必要ありません。アイデアソンはいろいろな背景・考えを持った皆さんの意見を持ち寄ってアイデアを作っていくものです。あなたのそのひらめきが物流の未来を変えるかもしれません!

アイデアソンの開催概要

応募期間

2021年6月15日から7月9日17:00まで(予定)

開催時期 2021年7月から9月までの連続する2日間
開催方法 オンライン開催(zoom)

注:参加費は無料です。

参加者の応募要項

応募いただいた方に、厚生労働省委託事業者の株式会社富士通総研より、応募内容を確認させていただく場合もございます。

アイデアソンに参加いただけるメンバーを募集いたします。

応募要件

物流(商品のお届け、受取など)に関心のある方

アイデアソンでの意見交換の進め方

本アイデアソンでは、課題テーマごとに、チーム単位で意見交換をします。
チーム編成は、本ページからエントリーいただいた方に加え、運送事業者にお勤めの方など、企業の方も加わります。

アイデアソンの開催テーマとエントリーについて

アイデアソンは、以下の3テーマで実施いたします。「エントリーはこちら」ボタンからお申し込みください。複数テーマにお申込みいただくことも可能です。複数テーマにお申込みいただく場合は、テーマごとにエントリーいただけますよう、お願いいたします。

  開催テーマ名 開催テーマ詳細 開催時期(予定) 募集人数
テーマ1 卸売市場における待ち時間を解消したい 熊本発の農産物を、全国の卸売市場まで輸送しています。
食品は、皆さんの生活に欠かせない大切なものですが、卸売市場での到着車両の集中や、前のトラック運転者の荷卸しが長引くなど、なんと6時間以上も、トラック運転者が待たなければならないこともあります。
この待ち時間解消のアイデアを募集します!
令和3年7月~9月の連続する2日間 12名
テーマ2

荷卸しにおける危険作業を改善したい

段ボール等をお客様先にお届けしています。
トラック運転者は他の産業と比較して高齢者が多いのですが、段ボールの束を担いで、はしごに登って、2階に降ろす危険な作業をしています。
細心の注意を払ってはいるものの、怪我をしてしまう可能性もあります。
この危険作業を改善するアイデアを募集します!
令和3年7月~9月の連続する2日間 12名
テーマ3

法令遵守に向け、トラック運転者の労働時間を短縮したい

福島の運送事業者です。
荷主で積み卸し作業が開始するまでの待ち時間や、運転者が1個ずつ貨物をトラックに積み込む作業は、長時間労働に繋がる大きな要因です。
待ち時間や作業時間を短縮するアイデアを募集します!
令和3年7月~9月の連続する2日間 12名

注:具体的日程の詳細は、7月中旬頃のご案内を予定しています。
注:開催日は土日になることもあります。

募集は締め切りました

参加にあたっての注意点(参加規約)

1.アイデアソンへの参加について

2.アイデアソンで創出されたアイデア等の取扱いについて

その他

エントリーいただいても、応募者多数の場合、ご参加いただけない場合もございますので、あらかじめ、ご了承ください。
参加いただくメンバーの決定は、7月中旬を予定しています。

お問合せ

アイデアソン事務局
厚生労働省委託事業者 株式会社富士通総研  担当者:沖原 ・ 亀廼井(かめのい)  ・ 田村
fri-ideathon@dl.jp.fujitsu.com

TOP

メニュー

メニュー